水道の水漏れ対策や修理方法

水道修理が必要なことの一つに、水漏れもあります。トイレタンクや洗濯機などは、排水管の破裂や経年劣化に伴う亀裂により発生します。放置してしまえば、建物全体が水浸しになりかねません。原因と対策を可能な範囲で把握しておくことで、トラブルが起きても冷静な対応に繋がります。

■水漏れの原因と対処法

水漏れの原因には、パッキンやナットが錆などで劣化していたり、接続部の緩みがあります。対策としては、接続部の緩みなど気になる症状があれば自分で点検する方法もあります。パッキンなどの簡単な部品交換なら、部品や工具を手に入れるのもホームセンターで間に合います。
また、パイプ内に流れた異物や蓄積した汚れなどによって、詰まりが起こることでも水が排出されなくなってしまい排水口から水があふれるといった症状があらわれます。こうしたケースは水回りの周辺を定期的な清掃やメンテナンスすることでも、トラブル回避に繋がります。自分で対処することが難しい場合は、業者に水道修理を依頼する方法もあります。
自分で対処したり業者に依頼する方法がありますが、未然にトラブルを防ぐことが機器を長く使い続けるためのポイントです。

■水漏れを防ぐための対策

水道修理が必要となる原因は、経年劣化や長期間水漏れを放置してしまうことなどがあります。空き家など、使用しない状況が長期間続く見込みの場合は、予め元栓を締めておくことで水漏れを防ぐことができます。水が流れている状態であれば、排水管に負担がかかり劣化の一因となります。
トイレは、近年では節水式タンクも各メーカーで取り扱われています。古いタイプのトイレだと、節水の一環としてタンクにペットボトルを入れている場合があります。それに伴い引っかかりに不具合が起こり、水があふれてしまうこともあります。便器にちょろちょろと水が流れることもあり、水道代の高騰にも繋がりかねません。
間違った予防法はトラブルに繋がり水道修理が必要となりますので、注意が必要です。用途に合った機器に交換することも、水漏れの予防としては高い効果をもたらします。

■まとめ
水漏れの原因の多くは、経年劣化や機能性の低下を放置していることです。水道修理にて対処できる場合もありますが、症状が大きい場合は交換が必要になります。気になる症状が出たら、専門業者にメンテナンスの依頼をすることも必要です。節水タイプなど水回りにおける高性能の機器もありますから、買い替えも一つの方法です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ