蛇口の水道修理で気を付けること

水回りの蛇口ですが、毎日使用していると負荷が掛かり部品の劣化が起こります。それに伴い、水漏れが起こりやすくなり水道修理が必要となります。硬い蛇口を無理に回そうとすると、蛇口に負担が掛かり症状悪化となる可能性が高まります。

■蛇口が硬い時は無理に開けないこと

蛇口が硬い場合の原因はいくつかあります。パッキンにはグリスという潤滑剤が塗られていますが、これがなくなってしまうことでハンドルが硬くなります。蛇口専用のグリスを塗っていきますが、元栓や止水栓を閉めてから行うと良いです。水が出てしまえば、機能性が低下してしまいます。馴染むまでに相応の時間が掛かりますが、しばらくは様子を見るだけで良いです。
それでも硬い症状が改善されない場合は、部品の不具合が原因です。錆がついてしまえば、滑らかにハンドルが回りません。生活で使用する水にはカルシウムが含まれていて、付着することでハンドルが硬くなってしまいます。内部にこびりついている場合だと、自分で対処することが難しいです。蛇口の交換なども含めて、業者に水道修理を依頼すると良いです。

■蛇口のメンテナンスも水漏れを防ぐポイント

蛇口は一般的な寿命として、だいたい10年と言われています。年数が経過してしまうと、水漏れや回りにくいなどの症状が現れやすくなります。特に、回した際に甲高い音が出ている場合だと内部の部品が劣化してしまっている状態です。構造が簡単な仕組みのハンドルタイプの蛇口交換は、工具と知識があれば自分で水道修理をすることも可能です。一方、複雑な構造で自分で対処することが難しい場合は業者に依頼してください。その際には、接続部などの部品も劣化している場合もありますので、点検をしてもらうことでトラブル回避にもなります。
蛇口についているパッキンですが、何度も使い続けることで摩耗してしまいます。それに伴い接続部分が硬くなり、強くハンドルを締めないと水が止めにくくなってしまいます。そのまま使い続けても、故障に繋がり修理が必要となります。他の部分にも症状があらわれてしまうと、機器自体を交換しなくてはなりません。工具と知識があればパッキンは自分で水道修理することもできますが、業者に依頼すると間違いありません。

■まとめ
蛇口の水道修理や部品交換は、自分で対処できることもあります。しかし、使い続けていることで接続部など他の部品の劣化も起こっている可能性が高くなっています。二次被害を防ぐためにも、信頼出来る業者に水道修理やメンテナンスの依頼をすると良いです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ